夏目式カーンウォーズ攻略 |小技

| カーンウォーズ | 民族 | スキル | 施設 | ユニット | 陣形 | 副城 | 投石 | 貴族 | 小技 |
 カーンウォーズで何かと使える小技や裏技などを書いていきます。私が実戦で使った技などを書いていきます。別に小技でも裏技でも無い当たり前のことを書いていてもスルーでお願いします。
残骸処理の小技
 残骸処理で目的地に残骸兵が多い場合は、速度の速い斥候兵1匹を7から8連発で残骸処理に出す。その後に大群で残骸処理に出すと、速度の速い斥候がまず残骸兵を新兵にする。その際に新兵も資源を回収するので意外と多くの資源を回収できます。
 キャンプからの攻撃の際は剣士7匹残して残り全軍出撃する。大群が着弾する数秒後に合わせて残った剣士を1匹ずつ残骸処理に出すと着弾後直ぐに歩兵を新兵に出来て大群が戻ってくる前にキャンプに到着するので再度違う場所に攻撃なども可能。残骸処理に出す兵を大型衝車などにすると連戦が楽なので格下相手の場合などは大型衝車を予め100機ほど持って行き、50匹を残して残った50機を7回に分けて着弾時間を合わせて残骸処理に出すなどすると連戦が楽になります。
 お化け城などを攻略の際に狙ってるお化け城横にキャンプを張り兵士1万ほど入れておきます。お化け城に特攻した際に出る残骸をキャンプの兵を使い一旦全てキャンプに収めます。何度か同じことを繰り返して、お化け城を陥落させれば、陥落させたお化け城に5万の兵を入れて、キャンプの兵を片付けます。キャンプのあった場所に残骸が大量に残るのでそれをお化け城に入れた5万の兵で回収すれば司令塔3ぐらい分の資源は直ぐに手に入ります。
キャンプを使った小技
 キャンプは同じ場所に1つしか設置出来ません。キャンプスキルが高い人は自分の城の周りに槍兵50匹剣士100匹の空キャンプを設置すれば少しだけ安全になります。また、ギルドメンバーや友達に依頼して速度を1で所定の場所にキャンプを設置に行かせるとキャンプが出ていなくても他者がその場所にキャンプを張ることを出来なくすることが可能です。
 キャンプに入れられる兵士は50894人です。資源城などの横に空キャンプを張ってそこに兵を詰め込めば50894匹の兵で突撃出来ます。5万城が無い場合やお化け城を落す際にキャンプに兵を詰め込んで攻撃が可能なのでお化け城攻略の際に活用出来ます。
 城からの攻撃は10時間以内の場所までしか攻撃出来ません。キャンプからの場合は5時間以内です。10時間手前の場所にキャンプを張りそのキャンプから攻撃に出すと15時間以内の距離の攻撃が可能になります。遠くのお化け城への攻撃の際に使えます。または出征追加で灰城を経由すると更に長い距離の攻撃が可能です。
援軍を使った小技
 援軍は1つの城に1部隊しか入れられません。そこで灰城を副城にする際に灰城に援軍を入れて貴族を殺すなどの妨害をされないようにギルドメンバーや友達に頼み、目的の灰城に歩兵1を速度1で援軍を派遣してもらうと邪魔されることなく灰城を落せます。
 投石中に壊してる相手の城に近くのギルドメンバーや友達に頼み、壊してる城に斥候1を速度10で援軍で入って貰います。投石中に当然援軍の斥候は殺すことになりますが、殺した際に投石の成功判定が1回目の投石攻撃と援軍の斥候を殺した際の2回分が判定されます。1回の投石攻撃で2個破壊できることになります。この技は相手がINしてない時で、その相手とギルドが戦争中で無い場合に限定されます。
 戦争中など兵士が殺されないように巡回や残骸処理で兵士を逃がしますが、それは貴族攻撃の餌食になることがあります。そこで、巡回に出す兵をその城から一番近い住居の低い灰城に援軍を入れると兵を逃がせて、貴族攻撃の際に忠誠度が下がれば勝手に戻って防御するので少しは安全度が上がり、逃がした兵を城に戻すのも短時間でいいので便利です。
 攻めてくる相手が自分より統率が低い場合は攻められてる城の兵を斥候やショートボウ1匹だけにして援軍で相手の同数で挑みます。1度目の攻撃で統率の影響で相手の兵が逃げ、援軍との戦闘の際も統率の影響で兵が逃げるので少ない兵と戦うことになり勝率が上がります。
 自分の城やギルドメンバーの城へは援軍を5部隊派遣出来ます。
 戦争中などで頻繁に攻められる場合は近くのギルドメンバーに援軍で斧兵など要らない歩兵1匹を全ての城に入れて貰う。自分がINしてる時に攻撃がきたら援軍の歩兵を送り返す。自分がINしてない時に攻撃を受けたら援軍を入れてくれた人に報告書が届くので、自分がINして無くてもギルドメンバーが対応を出来る。自分も他メンバーの城に援軍1匹入れて相互協力するといいでしょう。
攻められた時の小技
 キャンプを横付けされてにっちもさっちも行かない時は、城の市場の国内市場で金・木・肉を全て鉄に交換します。そして相手が自分の城に着弾する5〜6分前に騎馬のみで相手のキャンプを攻撃して肉を全て奪います。肉が無くなってキャンプを片付けた時に鉄を置いて帰ることが多いのでその鉄を回収して国内市場で鉄以外に交換する。余裕があれば着弾前に金と木を輸送に出して着弾直後に帰って来るように調整するといいでしょう。当然兵は着弾時間には巡回や残骸処理に出して回避すること。※市場のLvが低いとかなり損しますが相手も損させると次に襲われにくくなる。
 着弾時間に余裕があり準備出来るなら、相手の兵力以上か同等の兵を援軍で着弾する城に派遣します。着弾される城には歩兵少数と2列目に小型衝車を配置して4列目にクロスボウとロングボウを少数配置して待ちます。1戦目は相手の特殊兵と壁になる歩兵を削って、2戦目の援軍で仕留めます。
 キャンプを横付けされたらキャンプを出している城を調べてその城の横にキャンプを張る相手が自分の城を攻めて戻る前に兵の居ない相手の城を攻めて資源の回収が出来ます。この時は戦車無しで行くのがいいでしょう。
 城から直接攻撃をされてるときは、相手の帰る時間を割り出して帰る時間数秒後に着弾するように攻撃を出します。自分の斥候兵が相手の城に到着する時間から相手の兵の一番遅い兵の速度を計算すれば帰着時間が出ます。貴族攻撃をされて戻る貴族を相手の城で仕留める時などに使えます。貴族の速度は30なので斥候の6倍時間が掛かります。自分の城の着弾時間から相手の城へ斥候のみで到達する時間の6倍にすると割り出せます。報告書の時間を見て計算するといいでしょう。
 初期に財政を2ほどあげると1回の輸送量が劇的にあがります。モヒられてる場合は兵を巡回、資源を輸送して手ぶらで帰らせるようにすることが重要です。輸送は荷物を降ろさないにチェック入れるとそのまま持って帰ってきますので時間を調整して輸送するといいでしょう。
斥候の小技
 攻撃命令と同時に斥候を1出します。実弾が着弾する前に斥候が情報をくれるので兵がいるかいないかの確認が出来ます。略奪目的なら斥候が死んで情報を得られなかったら兵がいるので引き返す。経験値稼ぎが目的なら斥候が死ねば兵が居るのでそのまま着弾させると同時に残骸処理を実弾の着弾時間に合わせて向かわせる。
 まとまった数の斥候でスパイを出す際はスパイ命令の直後に1匹だけで同じ城にスパイに出すと情報を得られる確率が上がります。
 斥候騎兵は相手からスパイされると殺されることがあります。何度もスパイ攻撃されて斥候が増えない場合は殺されたくない斥候を援軍に出します。援軍の斥候はスパイの防御はしないが殺されることもありません。大量の斥候を溜めたい場合は自分の城に援軍に出しておくといいでしょう。
 斥候騎兵が居ない場合の兵力を探る方法、残骸処理などで拾った歩兵を1列目から4列目まで適当に並べて攻撃すると相手の兵力やスキルを見る事が出来ます。余りにも兵が少ないと報告書が出ないので注意です。
 キャンプから斥候を出すと報告書にはキャンプの座標が出ます。これをうまく使うとバレない斥候が出来ます。キャンプに斥候のみを居れて自分の城から離れた場所にキャンプを張りそこから斥候を連発します。情報が取れない場合でも斥候の出所がキャンプの座標になり斥候出して直ぐにキャンプを片付けると証拠が残りません。
 更にこの応用で、鯖で一番の暴れん坊Aに自分と敵対するギルドの上位者Bの城横にキャンプを張りそのキャンプからAに斥候。更にBの違う城の横にキャンプを張りそこからAの違う城に斥候。うまくいけばAがBを攻めます。
経験値を稼ぐ小技
 お化け城に残骸が出たら即斥候、お化け城内の重騎兵の数が3000以下であれば、5万兵を特攻、タイマン用陣形推奨。余裕があれば更に狩り用陣形での5万兵を特攻させてもOK。お化け城は1発目と2発目は経験値が低く、3発目と4発目は経験値が高いのでお得なとこだけかっさらう。以前これで経験値を稼いでた人が居た。懲らしめようと準備してたら引退されて逃げられた。
 ある程度育ってる人が引退して灰城になれば灰城に兵が残ってることが多く、その兵を全て倒すといい経験値稼ぎになります。兵を一掃した後は資源を回収する野外資源地として活用できます。
 自分がLv36になれば、とりあえずLv29の人を襲いましょう。スキルがLv29とLv30では結構変わるのと、普通に育てたLv29であれば5万兵も2杯ほどしかないのでキャンプ3つで余裕で全ての城を全滅させられます。しかし、援軍が入ってたら結構痛いです。29歳は一番危険なお年頃です。
 Lv29の人は、Lv27になればLv29で狙われるのでLv27からは施設を作るのを控えてLv29までに兵を作り準備しておく方が安全です。Lv29までに5万城満タン2杯と貴族15匹は最低揃えておきましょう。
攻撃時の小技
 なかなか強い相手の場合は誤差2秒以内で2発攻撃する。1発目は歩兵全種類数匹と大型衝車50機と斥候・軽・重騎兵を数匹を1列目、小型衝車数200ほどを2列目、クロスボウ500匹以上を4列目に配置、お好みでロングなども入れて(タイマン型陣形のままで数だけ変える)削り、誤差2秒後ぐらいにいつもの5万兵を特攻。削りである程度の歩兵や特殊兵を削れれば、2戦目の実弾での兵力差から生き残る兵数が削り部隊のコストよりも多く残るのでお得。
 巡回などで逃げまくる相手には5万兵での出征追加で相手の城を4箇所をハシゴしていく。攻撃ランプが沢山出るのでいい嫌がらせにもなる。
 保護を掛けた相手の保護明けを狙って投石機込み5万兵を最初に出し、残りは普通の5万兵や投石込みの5万兵での連続特攻。初弾は逃げることが多いのでそこで投石で破壊。破壊されたくないので兵を戻したところを普通の5万兵で攻撃出来る。投石込みの5万兵を混ぜれば全て逃げてもある程度壊せます。ここを読んだ人は初弾を迎え撃つかもしれないので初弾は普通の5万兵にしても可。いずれにしろ攻撃側に主導権があり追い詰められる。ギルドメンバー数人ですると効果的。
その他の小技
 非課金でも相手がギルドに加入していれば現在INしてるかは分かります。相手ギルドのギルドメンバー表を見てオンラインの欄に時間が出ていれば相手はINしています。キャンプ攻撃の際は設置される直前に相手がINしてるか確認してINしていれば帰るのも手です。
 兵力50894人の城の作り方。城を一度放棄すればプレーヤー名のところがお化け城に変わります。この城を副城にするとLv5以上の施設が全てLv5になり、資源地と鍛冶屋の最低人口が0人になります。資源地を上げずに、鍛冶屋の人口を変更しなければ兵士50894人の城が完成します。
 カーンウォーズではプロフィールを書くことが出来るのですが、「やられたらやり返します。」って書かれてるプロフはブラウザーゲームの初心者なので攻められ易いです。「完全農耕です。」も餌場にされ易く、「攻めないで下さい。」も同様です。
 プロフはイカレタ奴って思わせるようなプロフか強い人と軍事同盟を組み明記するのがおすすめです。攻めて欲しい場合は逆に上記のコメントを書くと攻められ易くなります。
 灰城へのハシゴ、兵の居ない灰城へ出征する際に出征追加で複数の灰城へ同じ軍を連続で攻撃に出せます。巡回の変わりに出征追加で多くの灰城を攻めれば資源を多く確保出来ます。出征追加は普通の城にも可能ですが兵が全滅したらそこで終了です。
 VIPじゃない人はメッセージが5個しか見れませんが、必要の無いメッセージを削除していけば以前のメッセージが出てきます。報告書やスパイ情報も削除すれば古いものが順番に出てきます。メッセージの場合は相手に削除したか分かるので失礼だと思われる場合もあります。
 兵舎や厩舎や作業所は兵が完成しても自動的に軍隊に編成されません。一度兵舎などの画面を開いたら編成されるので貴族攻撃を受けてる際は少数の軍隊の時に兵舎などを開き育成されて編成待ちの兵を出すといいでしょう。また、居酒屋は一度攻められて兵が殺されたことのある城には瀕死の兵が残ってる場合があるのでコインや資源を使い復活させて貴族攻撃を防げます。
 低Lvの間(Lv26ぐらいまで)はモヒする相手を3個ぐらいにして、その3箇所がLv差で攻撃不可能になるか灰城になるまで休暇や保護で逃げても復活後更なる粘着をしましょう。低Lvの間に敵を増やすと育成に支障を懐ので敵は作ってはいけません。敵になる前に消えて貰うのが一番です。低Lvの間は少ないモヒ先で敵は作らないようにしましょう。モヒは3〜4箇所で減れば補充していけばOKです。
上に書かれてる小技を応用すれば色々楽しめます。自分がされて嫌なことをしてやればOK
| カーンウォーズ | 民族 | スキル | 施設 | ユニット | 陣形 | 副城 | 投石 | 貴族 | 小技 |